税理士の資格に挑戦する

税理士の資格に挑戦する

税理士の資格というものは、持っていれば独立開業も夢ではない資格です。
ですから、目指すことは非常に良いことであるといえます。

言うまでもありませんが、国家資格ですからかなり難しい試験です。

しかし、天才的な頭脳を必要とする資格ではありませんし、努力すれば十分に手に届く資格であるといえます。


まずは簿記の基礎から勉強することです。
既にそれなりに簿記の知識があるのであれば、早速、税理士の勉強をすることが出来ます。
税理士の試験と言うのは、科目別試験であり、じっくりと時間を掛けて合格を目指すことができます。

必須科目、選択必須科目、選択科目、と分かれているのですが、好きな科目から取得することができます。
別に時間制限があるわけではありませんから、好きな時期に受けることができます。


一度取得した科目は一生有効であり、数年がかりで勉強することが出来るわけです。

国家試験と言うのは色々とあるのですが、こうした試験制度なのは非常に珍しく、忙しい社会人でも計画的に勉強すれば十分に合格に手が届くのです。

今はインターネットでわからない問題の解答、説明を調べることができますし、質問を受け付けている個人運営のサイトもあります。勉強する環境は非常に良いといえます。


もちろん、学校に通うことがベストなのですが、費用や時間的な問題で独学を選択する人は多いです。簿記の知識は決してムダになることはありませんから、是非とも勉強してみることです。


税理士は税金の専門家です。
税金が関係する訴訟のさい、弁護士の補佐もします。
税理士の試験の合格した、税務署などで一定の期間に渡って税務の事務を行った、もしくは弁護士や公認会計士の資格を持っている、といった人がその仕事ができます。


試験の科目は簿記論・財務諸表論と会計学に関するもの、所得税や法人税・事業税、固定資産税や相続税、消費税や住民税や酒税と税法に関するもののうち、選択した3科目です。


1度に5科目全てを受験する必要はなく、1科目づつでも構わないです。


その仕事は具体的には様々な申告や申請の代行や、税金に関する調査の立ち会いなどです。

所得税や法人税の確定申告、相続税や贈与税の申告などです。

税務署の決定に不服がある場合、不服を申し立てます。


それから税金に関する書類を作成します。
財務書類の作成や会計帳簿の記帳、その他にも色々です。
こう言った税理士は思う以上に身近で、暮らしのパートナーです。
健康に不安がある時に医師に相談するよう、税金について解らないことがある時は税理士に相談すると良いです。


無料で相談に乗ってもらえる期間もあります。


また子どもの教育にも取り組んでいます。


高齢化社会の中、成年後見制度に関係することにも取り組んでいます。
もちろん脱税の相談には応じないですし、税金に関して不正な行為がある場合、是正をするよう言います。


上記の様に税理士の信用や、品位を落とすようなことは禁じられています。

埼玉の保険代理店の情報を簡単に探すことができます。









http://matome.naver.jp/odai/2145775726768691701

https://4meee.com/articles/view/402420



    関連リンク

    • 税理士になるためには必要なことは

      税理士になるために必要なのは簿記の知識です。それが税理士の仕事なのですから、当然と言えば当然です。...

      detail
    • 過払い金問題は法律の専門家に任せると便利です

      以前お金をたくさん借りて、高い金利を支払っていたので、過払いに該当するなとは思っていました。しかし、何から始めてよいのやらわかりませんでした。...

      detail